意外と知らない? 婚約指輪に関する基礎知識


結婚指輪との違いについて

婚約指輪は、結婚を決めたカップルが使用する指輪です。カップルの記念品であると同時に、結婚を決めた相手がいますと周囲にアピールできる指輪でもあります。正式に結婚したカップルが使用する結婚指輪とは異なる意味がありますが、デザインや使用時期に大きな違いはありません。入籍したあとに婚約指輪を使っていてもマナー違反ではないので安心です。装着する指に決まりはありませんが、左手または右手の薬指にするのが通例です。婚約指輪を用意するかどうかは、完全にカップルの自由です。ふたりの価値観や経済的事情に合わせて用意するとよいでしょう。

婚約指輪はどこで買ったらいいの?

婚約指輪は、ジュエリーショップやブライダルジュエリーの店で購入するのが一般的です。あらかじめデザインされた指輪をサイズ調整だけ行って購入したり、セミオーダーや完全オーダーメイドで指輪を注文したりできます。どのような指輪を選んだらいいかよくわからないとしても、店舗スタッフが相談にのってくれるので安心です。店舗まで行かずにカタログやインターネットで注文することも不可能ではありませんが、なるべく店舗に行くとよいでしょう。指輪の外観と指に装着したときの印象が異なる場合があるため試着が大切で、指のサイズを正確に把握する必要もあるからです。オーダーメイドする場合でも、似た印象の指輪を試せるので完成品を装着した状態をイメージできます。指輪の注文から納品まで時間がかかることもあるので、遅くとも入籍前までに手に入るように調整しましょう。

婚約指輪の銀座エリアと言えば、ジュエリーマップです。周辺のジュエリーショップを地図でチェックできるので、見つけやすいと好評です。