知ってた!?電子タバコとほかのタバコの違い

電子タバコは水蒸気!?

電子タバコと加熱式タバコの違いを知っていますか?加熱式タバコは中にタバコの葉が入っています。しかし電子タバコは水蒸気なんです。
リキッドで香りをつけた液体を、バッテリーで加熱をさせ発生した水蒸気を吸引します。なので、成分もタールゼロ、ニコチンゼロで体に害がありません。
葉を燃やす他の煙草と違い、臭いもつかないので吸わない人にも不快な思いをさせませんね。リキッドの種類も数多く「フルーツ系」から「デザート系」「本格的なタバコ系」まで様々なフレーバーが販売されています。気分に合わせていろんな味を使い分けることができるのでおすすめですね。

電子タバコと煙草の違いとは?

普通の煙草の材料は、有害物質を発生させる煙草の葉を使います。一方電子タバコは上記で書いたように水蒸気なので、健康が気になる人や、周囲に煙草の臭いが嫌いな人がいる場合にはおすすめなんです。

電子タバコは「吸った気がしないんじゃないか」と思う人もいますよね。しかし、煙は通常の煙草と同じかそれ以上排出されるんです。通常の煙草は煙なのでヤニ汚れが目立ったりしますが、電子タバコは水蒸気なのですぐ散ってしまい、臭いもヤニもつくことはありません。
通常の煙草は「味を楽しむもの」ですが、電子タバコとは「香りを楽しむ」ものなんです。デザート系のフレーバーがあることから、煙草は嫌いでも電子タバコならおしゃれだからと吸う人も多くいます。通常の煙草を吸っていた人も電子タバコに切り替える人が増えています。このように自分の目的に合わせて変えるのもいいかもしれませんね。

ニコチンリキッドには、いろいろなフレーバーがあります。例えば飲料系やフルーツ系などです。その時の雰囲気や気分に応じて、使い分けていくことが出来ます。